2月13日大潮の平戸エギング釣果情報

スポンサーリンク

 

2月13日大潮

 

2月12日夜11時、釣友の岩ラッペさん生月の某ポイントへ。先行者一人に挨拶するとアタリがないのでワームを投げているとのこと。足下には釣れたばかりの新しい墨跡があったので翌日午前3時半まで撃つがアタリ無し。

 

 

朝まずめ平戸中部へ移動

 

朝マヅメ狙いで、平戸中部の漁港に移動。

少し仮眠をとり5時半から下の波止の先端で追い風になる立位置で撃つもアタリ無し、内湾もアタリ無し。上の波止に登り、外海に向かって撃ち始めるも右横からの強風でラインが膨らむ。エギのシンカーに触れると冷たく、活性も悪い。

 

 

朝7時ラインに違和感

 

集中力が落ちながらも底の方を探っていた朝7時ごろ、足下の風で膨らんでいたラインがスッと勢いよく入ったので、反射的に合わせるとズーンと重みを感じると同時にドラグが鳴いてラインが出る。ここでキロオーバーサイズを確信。

ドラグを強く締め直して寄せるもギャフを下の波止に置き忘れてて、焦りながらもテンションをかけながら滑るように下へ降りて無事ギャフをかけて捕獲。

 

 

キロオーバーアオリイカ

 

 

1,230g

 

計量するとアオリイカは1.23キロ

スポンサーリンク

 

 

田平エリア

 

 

 

その後、気になった田平エリアを周るも反応なく午後3時すぎに納竿。

全体的に厳しい状況のなかでもワンチャンスを生かせた釣行となりました。

 

 

まとめ

 

ここ数日フェイスブックなどSNSでの釣果情報をみると活性は良くないようですが、キロオーバー捕獲が目立つようになりました。春に向け順調にアオリイカは成長しているようです。ただ生月ではスルメイカの大きい群れが接岸しても良い時期なのにまだのようですね。

 

岩ラッペさんお疲れのところ釣果情報ありがとうございました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

中島 英樹

名前:中島 英樹 国内トップレベルの閲覧数を誇る“THEエギング烏賊追い人のブログ”を運営するエギングブロガー。佐賀県在住で長崎県の平戸をホームに一年中アオリイカをメインに追っている。座右の銘は「狭き門より入れ」家庭では妻・一男二女の父。夢は子や孫と国境で待ち合わせる旅をすること。1967年3月生まれでビールと烏賊が大好物。