嬉野温泉 おすすめ 無料の足蒸し湯のご案内

スポンサーリンク

暦を見ると9月19日の土曜日から23日まで、休みがとれる人は5連休のシルバーウイークとなっていますね。
嬉野温泉も、多くの観光客で賑わいそうです。
以前、嬉野温泉シーボルトの足湯の記事をアップしましたが、シーボルトの足湯から歩いて3分の湯宿広場に足蒸し湯が出来ていますので、ご案内します。
湯宿ひろば
浴衣姿の方もご利用になられてました。
嬉野温泉では、宿泊先の旅館で無料の浴衣貸し出しサービスがあります。
温泉と浴衣は合います。
足蒸し釜
足蒸し湯は7人が同時に利用出来るようになっています。
足蒸し湯はの利用時間は午前9時から夜8時まで。
木製で座りごこちも良いです。
座って蒸し釜へ両足を入れて、持参のタオルで空いたスペースから蒸気が漏れにくいようにふさぎます。
(タオルは目の前にある三根芳春園さんでも販売されています。)
足を入れて蒸し湯を楽しみますが、10分から12分が目安のようです。
足が蒸気で蒸され、こそばいような感じで、とてもリラックス出来て気持ちが良いです。
普通の足湯もあり、こちらはシーボルトの足湯とすると多くの人数で楽しむことができます。
この足湯は24時間楽しむことができます。バリアフリー対応なので車椅子の方も利用可です。
ゆっくり足の疲れを取るのにはいいですね!
ここの周辺は観光客向けに無料のWi-Fi電波が飛んでいますので、簡単なアンケートに答えるだけで、1時間の利用ができます。
スマホで、ぜひ嬉野温泉の感想をSNSなどで発信して下さい
スピードも下りが23Mbps  上がり6.5Mbpsと十分です。
駐車場は市営の広い無料駐車場があります。
日本三大美肌の湯の一つ佐賀県 嬉野温泉へよかったら、お越し下さい。
嬉野温泉の情報はこちらもご参考になって下さい。
もう残り4ヶ月で、正月がきますよ。
月日の流れは早いものです。
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

中島 英樹

名前:中島 英樹 国内トップレベルの閲覧数を誇る“THEエギング烏賊追い人のブログ”を運営するエギングブロガー。佐賀県在住で長崎県の平戸をホームに一年中アオリイカをメインに追っている。座右の銘は「狭き門より入れ」家庭では妻・一男二女の父。夢は子や孫と国境で待ち合わせる旅をすること。1967年3月生まれでビールと烏賊が大好物。