生月 北東爆風エギングの釣果

スポンサーリンク

11月21日釣友が生月に夕方より夜中まで北東爆風を覚悟の上でエギング修行へ行かれてました。
釣果報告を頂きましたので、ご紹介します。
潮周りは、前日の若潮から中潮初日
ロリ
ロリからサイズアップ
やっぱりロリ
途中、雨も降り出し車に避難しながらあいまあいまの釣果でアオリイカ6杯の内5杯がリリースサイズだったそうです。
サイズは、その時の海の状況に左右されますが、爆風の中、エギをきちんとフォールさせて6杯抱かせた釣果は流石ですね。
釣り具のまるきん さんのホームページの釣果情報を見ても今月11月のアオリイカは、ほとんどありません。
比較の目安に昨年11月の釣果情報を確認するとちょこちょこキロオーバーが揚がっています。
どう捉えるのかは難しいですが、昨年11月26日には1.6キロが松浦で揚がっていますので、今からに期待します。
釣果実績には11月17日に生月で9.6キロのロケット(ソデイカ)が揚がり、その後松浦で11月29日に10.7キロが揚がっています。 ロケットは未だ釣った事ありませんが、今期はロケット噴射を是非味わいたいです。
今日の夜から出撃予定でしたが、爆風で時化予報なんで見送る事にしました。💦
最後まで読んで頂き
ありがとうございます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

中島 英樹

名前:中島 英樹 国内トップレベルの閲覧数を誇る“THEエギング烏賊追い人のブログ”を運営するエギングブロガー。佐賀県在住で長崎県の平戸をホームに一年中アオリイカをメインに追っている。座右の銘は「狭き門より入れ」家庭では妻・一男二女の父。夢は子や孫と国境で待ち合わせる旅をすること。1967年3月生まれでビールと烏賊が大好物。