嬉野温泉ツウが通うおすすめ店 ホルモン白鳥をご案内します。

スポンサーリンク

嬉野温泉に夜のみ開いている目立たない小さな店がある。
目印は白色に輝く看板。
その店は、おばあちゃんが半世紀以上続けてきた店で地元はもちろんの事、地元外からも永く通うファンが訪れる。
 
 
 
 
その店の名は
 
 
 
 
ホルモン 白鳥」ホルモン ハクチョウ
緑色の、のれんをくぐるとカウンター6席と畳4席で10席ほどの店内のカウンター越しから、おばあちゃんが迎えてくれる。
メニューはシンプル
ホルモン 800円
センマイ800円
カルビ  1,000円
タン  1,000円
レバー  900円
ミノ  800円
ビール大瓶  600円、中瓶  500円
酒  500円   焼酎 300円  コーラ 300円
メシ大 200円  小 100円
おばあちゃんが手際よく使い込んだ鉄板に切りたてのネギと肉を乗せ焼いてくれる。
独自の味噌だれとからめて食べると他では味えない味付けの美味しさ。
ビールが進みます。
肉を食べ終えるとその肉汁が残った鉄板で、うどんを焼いて〆ます。
他のお客さんと距離が近いのでいつの間にか盛り上がる事も…
この日は久留米からきた若いカップルとワイワイ話しました。
不定休ですが、たいがい開いているようです。
営業時間は夜6時から12時まで
電話 0954-43-1546
佐賀県嬉野市 嬉野町大字下宿乙2164-2
国道34号線を武雄方面から行くとジョイフルとローソンがある温泉1区の信号を左折してすぐです。
この看板が目印です。
嬉野温泉の穴場ですので、よければのれんをくぐってみて下さい。
おばあちゃんには、お元気で この先も永く続けてもらいたいと願うばかりです。
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

中島 英樹

名前:中島 英樹 国内トップレベルの閲覧数を誇る“THEエギング烏賊追い人のブログ”を運営するエギングブロガー。佐賀県在住で長崎県の平戸をホームに一年中アオリイカをメインに追っている。座右の銘は「狭き門より入れ」家庭では妻・一男二女の父。夢は子や孫と国境で待ち合わせる旅をすること。1967年3月生まれでビールと烏賊が大好物。