邪道エギに使うサルでもわかるキビナゴの塩締め方法(写真解説)

スポンサーリンク

今から本格的にシーズンインとなる大人気の邪道エギングに使うキビナゴの塩締め方法をご紹介します。
邪道エギングはスルメイカ、ヤリイカ、ケンサキイカ、アオリイカなどがターゲットとして狙えますが特にスルメイカやヤリイカなどのトンガリ系イカには良い釣果が期待できます。
写真のエギがKEYSTONE(キーストン)の邪道エギですが背中に乗せるエサはキビナゴが一番食いが良い様です。
ステンレスのワイヤーでキビナゴをエギに固定させるのですが、塩締めしていないキビナゴは身持ちが悪くエギから外れやすい為、塩締めが必要となります。
塩締め方法
必要な材料
キビナゴ(スーパーの鮮魚コーナーで購入)
タッパ(100均で購入)
鮮度が落ちた割引商品でも十分です
タッパにたっぷりと塩を敷き詰めます。
敷き詰めた塩の上にキビナゴを入れます。
その上にたっぷりと塩をかぶせます。
フタをしてシャカシャカと振りキビナゴに塩をまぶします。
シャカシャカ振って後はキビナゴが塩から出て表面に出てきますので再度、塩をまんべんなく上からまぶします。
フタを締めて冷蔵庫に入れます。
(注)冷凍庫に入れると水分が抜け過ぎて良くありませんので、必ず冷蔵庫へ入れて下さい。
冷蔵庫に入れると一晩でキビナゴから水分が出てタッパの底に溜まりますので溜まった水分を出して下さい。
冷蔵庫に保管すると数ヶ月持ちますが、寝かせ過ぎると発酵が進み臭いがキツクなり食いが落ちる様な気がします。
私は、適度に締まる3日〜2週間ぐらいで使うのが鮮度も良く最も効果的なのかな⁈と考えていますが今後も継続して試してみたいと思います。急ぐ場合は釣り場へ向かう時にキビナゴを購入して、その場で塩締めしても数時間後には塩締め効果があるとの話を聞きました。
邪道エギを使いバンバン釣り上げていると隣で釣られている方から「何を使われていますか?」と聞かれることがありました。興味のある方は「邪道エギング」で良ければ検索してみて下さい。
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

中島 英樹

名前:中島 英樹 国内トップレベルの閲覧数を誇る“THEエギング烏賊追い人のブログ”を運営するエギングブロガー。佐賀県在住で長崎県の平戸をホームに一年中アオリイカをメインに追っている。座右の銘は「狭き門より入れ」家庭では妻・一男二女の父。夢は子や孫と国境で待ち合わせる旅をすること。1967年3月生まれでビールと烏賊が大好物。