エギングのショックリーダーについて【徹底解説 】

スポンサーリンク

エギングのリーダーとは

 

正式には「ショックリーダー」と言いメインラインのPEラインとエギを付け替えるスナップの間に入るラインで材質はフロロカーボンのラインが使われます

 

THEエギング烏賊追い人のブログ

 

 

エギングでのリーダーの役割

 

フロロカーボンのラインは水に対し比重が約1.8と重くエギの自然な沈下(フォール)を妨げません。またフロロカーボンの磨耗に強い利点は海底の岩場や水中の障害物などに擦れても他の素材のラインと比べラインが切れにくいという大きなメリットとなります

 

 

エギングでのリーダーの号数

 

エギング仕掛けでのリーダーの太さは一般的に1.5号〜3.0号が使われることが多いです。

リーダーの太さを選ぶ基準は例えば秋はアオリイカのサイズが小ぶりなので細仕掛け、春は大型メインとなりますので太仕掛けと使い分けます。また、海底の根の状況が荒い場合は太仕掛けで根ズレ対策をとります。

 

 

エギングでのリーダーの長さ

 

人によっていろいろの様ですが、基本海底の根の状況を想像してリーダーの長さを決めます。私の場合は70cmぐらいから1mぐらいの長さにすることが多いです。

 

 

リーダーの交換タイミング

 

リーダーが磨耗したり痛んだまま使い続けると痛んだ所から切れるリスクが高くなります。シャクっている時に切れてエギをロストしたり、最悪イカがヒットした際に切れたりすることもありますので、こまめなチェックは欠かせません。

 

リーダーは痛むと透明色であれば痛んだ部分が白っぽくなります。一番簡単に確認する方法は唇の上でリーダーを通すと痛んだ部分がザラザラとした感触で伝わりますので確実かと思います。

 

とは言うものの面倒で、ついつい確認を怠りがちになりやすいものですね。

スポンサーリンク

 

リーダーとスナップの結び方

 

リーダーとスナップの結び方もいろいろとありますがユニノットの結び方はヤマシタの動画がとても分かりやすいです。

 

 

 

 

私が使っているリーダー

 

釣り具店のエギングコーナーにはエギング専用にパッケージされたショックリーダーが並んでいますが、磯釣り用のコーナーにもハリスという名称で品質的には同等の100%フロロカーボンのラインが並んでいます

 

THEエギング烏賊追い人のブログ

磯用ハリスをショックリーダーとして愛用。

 

メートル単価ではエギング専用で売られているものよりも安く購入することができますので、私は磯釣り用のハリスを愛用しています。

ハリスもコシがあるものとか、人によって好みが分かれると思いますので色々と店員さんに相談しながら試してみるのがおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私もエギングを始めた当初は「リーダー⁇」状態で全く分かりませんでした。もし記事のなかの一行でもご参考になる所があれば幸いです。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

中島 英樹

名前:中島 英樹 国内トップレベルの閲覧数を誇る“THEエギング烏賊追い人のブログ”を運営するエギングブロガー。佐賀県在住で長崎県の平戸をホームに一年中アオリイカをメインに追っている。座右の銘は「狭き門より入れ」家庭では妻・一男二女の父。夢は子や孫と国境で待ち合わせる旅をすること。1967年3月生まれでビールと烏賊が大好物。