エギングなど釣りで、とても大切な潮まわりについて

スポンサーリンク

潮と釣り

 

海釣りを始めたころ、最初に聞いた潮周りという言葉。「大潮」「小潮」?? 当時は今のようにネットで簡単に調べることができず人に聞いいても分かったようなイマイチわからないような…

ただ、釣りにおいて、とても大事なキーワードであると理解したことを覚えています。

 

潮周り

15日間を周期とする潮の干満の変化

 

 

なぜ、潮の動きが大切なのか

 

 

 

アオリイカは基本、餌となる小魚(ベイト)を追って泳いでいますが、潮がよく動き流れる方が小魚も活発になり、それを追うアオリイカの活性も連動し上がるようです。

 

 

5つの潮周り

 

 

 

 


大潮

 

 

新月と満月の前後に廻ってくる潮です。最も干満の差が大きく、よく動ので、一般的には一番釣れる可能性が高いと言われる潮まわり。


中潮

 

 

 

大潮に次いで干満の差が大きく、比較的よく動く潮まわり。


小潮

 

 

大潮とは対称的に干満の差が小さく、あまり動きのない潮まわり。

スポンサーリンク


長潮

 

 

干満の差がほとんどなく、あまり動かない潮まわり。


若潮

 

 

潮の周期の入れ替わりにあたり、比較的よく動く潮まわりです。

 


 

 

エギングに良い潮周り

 

潮の動きが大きいほうから、大潮、中潮、小潮、若潮、長潮となりますが、一般論として小魚の活性が高くなる大潮や中潮の日が好ましいと言われています。

 

しかし、実際はポイントの地形により小潮や若潮などの方が小魚が溜まりやすい理由で釣れやすい場合もあるので一概には言えません。

 

 

 

 

 

 

釣れやすい潮の時間帯

 

一般論として言われている事ですが「上げ下げ共に3分から7分まで」が良く潮が動き活性が高くなりやすいと言われていますが、ポイントによっては、激流の所は潮が緩む潮止まりが小魚が溜まりやすく良い場合もあるので、ポイントごとに、どのタイミングがベターか見極めることが大事です。

 

理屈で言えば、大潮や中潮の潮周りで、朝、夕のマズメ時間帯に上げ下げ3分から7分の潮が流れたら活性の条件としては良いと思います。

 

 

 

満月(月夜)と新月(闇夜)の釣果

 

満月(月夜)と新月(闇夜)の釣果はどちらが良いのか?  私も分かりませんが、どちらかと言えば過去を振り返ると満月の方に分が、ある気がします。
多くの経験豊かな方々に聞いてきましたが、満月派と新月派に分かれます。満月の夜釣りは明るすぎてベイトが散りやすいので、あまり良くないという考えも聞きます。

 

 

まとめ

 

潮周りを強く意識して釣り場に向かっても釣れる時は釣れますが、釣れない時は釣れません。大自然が相手の釣りは、いろいろな要因が影響するので、とても深く難しいところ。

釣りを科学することは大切ですが、個人的には、とにかく海へ向かってエギを投げることが何よりも大切だと思っています。

答えは海にある

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

中島 英樹

名前:中島 英樹 国内トップレベルの閲覧数を誇る“THEエギング烏賊追い人のブログ”を運営するエギングブロガー。佐賀県在住で長崎県の平戸をホームに一年中アオリイカをメインに追っている。座右の銘は「狭き門より入れ」家庭では妻・一男二女の父。夢は子や孫と国境で待ち合わせる旅をすること。1967年3月生まれでビールと烏賊が大好物。