満月 月夜の日に魚市場が休みになる理由

スポンサーリンク

満月 月夜の日に魚市場が休みになる所が多いのはナゼだろう?
前から疑問に思っていました。
それが、満月 月夜のアオリイカの釣果にも関係するかも知れないと思ったからです。
ネットで調べても十分納得できる情報を得る事ができなかったので平戸市 生月島の館浦漁協に電話して聞いてみました。
理由は、
巻き網漁船は集魚灯を使い漁をしますが、満月の月夜は月が明るく集魚灯の効果が落ち漁獲量が少なくなる事が多いので漁を控えるそうです。
小型船は満月の月夜でも漁に出ますが、巻き網漁船の水揚げが無いので市場には魚が少ないからとの事でした。
イメージ画像
「満月 月夜はアオリイカが捕食するベイトが月の光で散ってしまいそのベイトを追うアオリイカもポイントによっては厳しくなる」という事も理解できますね。
きょうは凄い大雨でした。
雨が止む予報の満月 月夜の今夜、釣友が短時間の出撃予定。
いい釣果に恵まれる事を祈りますが、釣れても釣れなくとも今後に生かせる参考になります。
最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

中島 英樹

名前:中島 英樹 国内トップレベルの閲覧数を誇る“THEエギング烏賊追い人のブログ”を運営するエギングブロガー。佐賀県在住で長崎県の平戸をホームに一年中アオリイカをメインに追っている。座右の銘は「狭き門より入れ」家庭では妻・一男二女の父。夢は子や孫と国境で待ち合わせる旅をすること。1967年3月生まれでビールと烏賊が大好物。