今年2㌔オーバーのアオリを11杯釣ったエギンガーの話

スポンサーリンク

先日のエギング王者決定戦の時に会場で雑談しているとHさんとKさんから長崎県南部をフィールドに2016年の今年に入り、すでに2㌔オーバーのアオリイカを11杯も釣り上げられているテクニシャン hirosi teitei さんのことを教えて頂きました。
早速、帰宅後タックルも洗わないまま、YouTubeで 「hirosi teitei 」と検索して観てみました。
たくさんの動画がアップしてありますが、ハイレベルな、あたりのとり方やロッドアクション、状況に応じたレンジの探り方等かなりのテクニシャンです。
ご自身の顔と声は隠しながらも、惜しみなく字幕でテクニックや考えを披露されています。
メスイカは基本的にリリースし、必要以上のイカは持ち帰られてない様です。
一年を通じアオリイカをターゲットにしたエギングを楽しまれていますが、季節に応じた釣り方のヒントを至るところに散りばめた素晴らしい動画になっています。
来年2017年夏には「Eging Story」という動画をYouTubeで公開予定との事ですので、とても楽しみですね。
寝る時間も忘れ、全ての動画を活性のスイッチが入ったハイテンションで観せて頂きました。
今後も、益々 hirosi teitei さんから目が離せません!
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

中島 英樹

名前:中島 英樹 国内トップレベルの閲覧数を誇る“THEエギング烏賊追い人のブログ”を運営するエギングブロガー。佐賀県在住で長崎県の平戸をホームに一年中アオリイカをメインに追っている。座右の銘は「狭き門より入れ」家庭では妻・一男二女の父。夢は子や孫と国境で待ち合わせる旅をすること。1967年3月生まれでビールと烏賊が大好物。