長崎県北部でアオリイカを釣りまくるエギング名人の話

スポンサーリンク

長崎県北部(松浦・平戸)をホームにエギングでアオリイカをコンスタントに釣りまくられているエギンガーさんがいらっしゃいます。
その方は清竿・地磯を釣るというご自身のブログで素晴らしい釣果記事をアップされています。
清竿・地磯を釣る
 
私は、まだお逢いした事はありませんが、ブログを読む限り仕事はリタイアされている様でエギング中心、時々クロ釣りのフカセに行かれている様です。
マナーなども徹底され周りの釣り人にもすごく気を使われている事がブログを読んでいると滲み出ており素敵なお人柄であることが容易に想像出来ました。
 
 
 
 
 
 
 
 
頻繁に出撃されブログもその都度更新されていますので、まだ読まれた事の無い方は是非ご覧になってみて下さい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
新しい発見と学びがあると思います。
 
 
 
 
 
 
 
最後まで読んで頂きありがとうございました。
 
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

中島 英樹

名前:中島 英樹 国内トップレベルの閲覧数を誇る“THEエギング烏賊追い人のブログ”を運営するエギングブロガー。佐賀県在住で長崎県の平戸をホームに一年中アオリイカをメインに追っている。座右の銘は「狭き門より入れ」家庭では妻・一男二女の父。夢は子や孫と国境で待ち合わせる旅をすること。1967年3月生まれでビールと烏賊が大好物。