大潮の九十九島コラボエギングへ出撃!驚きの結末とは…

スポンサーリンク

盆明け大潮の8月18日九十九島へ釣友の荒野氏を誘い早朝よりコラボエギングへ
島へ到着し上げ止まりからのスタート。
知り合いの船長さんに挨拶すると、ここ数日かなり激シブで釣れていないとのこと。
午前8時前竿を出します。
潮はとてもいい感じに動きますが、午前中は活性が悪いのか二人共、ロリから500gぐらいがポツリポツリと間を置いて釣れる感じです。容赦ない灼熱の太陽でTシャツはすぐ汗まみれ状態に。
午後に入り下げ8分ぐらいから潮目ができるタイミングでキロにちょいタリナーズが荒野氏と交互に連発してくれます。
夜勤明けで寝不足にも関わらず満面の笑顔なチョコボール荒野 (笑)
ナブラが立ったタイミングでメタルジクを爆撃。
右へ左へと走り楽しませてくれます。
カリスタ82MLでの駆け引きはたまらないですね。
ナブラが落ち着くと

ラインがピーんと張ったアタリで鬼アワセドラグがGGGGG🎶鳴いてくれます。
アオリイカも墨を吐きジェット噴射で対抗。
荒野氏にギャフを掛けてもらい無事捕獲。
700g〜ほぼキロぐらいまでを二人で7杯上げ納竿までのタイムリミットまで1時間を切った所で荒野氏がアタリをアワセたタイミングで「乗った〜」と雄叫びをあげ同時にグイーンとロッドが曲がりドラグが鳴きます。GGGGG🎶
しかし、次の瞬間にスカッと…
次の瞬間、隣の私が速攻で横取りに出ます。エギ王Q LIVE スーパーディープを落とし誘いのシャクリを入れると真っ黒な影が猛突進し触ったタイミングでアワセを入れるとGGGGGG🎶 ロッドがグーンと
見事にキロオーバーを横取りww。ギャフを掛けてくれた荒野氏も苦笑いから爆笑!
荒野氏と良型アオリの数釣りもできてバカ話をしながら楽しんだコラボも夕方5時前に納竿となりました。
最後の最後にドラマがあり最高の夏イカエギングを楽しむことが出来ました。
エロスな友と自然に感謝‼︎
最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

中島 英樹

名前:中島 英樹 国内トップレベルの閲覧数を誇る“THEエギング烏賊追い人のブログ”を運営するエギングブロガー。佐賀県在住で長崎県の平戸をホームに一年中アオリイカをメインに追っている。座右の銘は「狭き門より入れ」家庭では妻・一男二女の父。夢は子や孫と国境で待ち合わせる旅をすること。1967年3月生まれでビールと烏賊が大好物。