爆風のなか離れ島で一人楽しんでます。

スポンサーリンク

夕方の船に乗り爆風覚悟で九十九島に乗り込みました。
予報通り10メートルぐらいの北風爆風で思わず笑。
近くから工事用大型送風機で爆風を受けている感じで涼し過ぎます。ww
向かい風でメタルジグをビューンと投げて誘うとガツンと喰って防波堤手間の根にズーンと力強く潜ります。何とかゴリ巻きすると高級魚キジハタ(アコウ)が上がってくれました。
予報では夜中には風が落ちるようですので野宿し仮眠をとりながら朝マズメまでエギング中心に楽しみます。
2016年 8月 40代最後の夏 
CAPを爆風で飛ばされるの巻き ww
最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

中島 英樹

名前:中島 英樹 国内トップレベルの閲覧数を誇る“THEエギング烏賊追い人のブログ”を運営するエギングブロガー。佐賀県在住で長崎県の平戸をホームに一年中アオリイカをメインに追っている。座右の銘は「狭き門より入れ」家庭では妻・一男二女の父。夢は子や孫と国境で待ち合わせる旅をすること。1967年3月生まれでビールと烏賊が大好物。