あると重宝するロッドスタンドの自作方法について

スポンサーリンク

ロッドにリールを付けたまま保管出来るロッドスタンドを使われている方も多いと思います。
私は、自宅ガレージの木製ラックに良く使うタックルのみ並べて出撃する際にサッと車へ積み込むスタイルです。
DIYが好きでホールカッター等の工作道具をお持ちの方はロッドスタンドを自作された方も多いと思います。
ネットで見つけた自作方法を説明されたこちらのブログ記事はとても丁寧で分かりやすいですね。
ロッドスタンドの作り方
これに加えカットした板をペーパー掛けして磨いたりロッドスタンド完成後にニス塗りをすれば更に美しく仕上がり良いと思います。
動画では、こちらがよくイメージが掴めます。

工具を揃える必要がありますが、無い場合ホームセンターによっては工具も貸してくれるセルフ工房サービスをされている所もありますので近くのホームセンターを調べてみられたら如何でしょうか。
あるいは手間を掛けずに商品として販売されているロッドスタンドを購入するというのも良いと思います。4千円以下で木製・プラスチック製など魅力ある商品があります。







こちらの商品はアマゾンで一番売れている様です。





プラスチック製ですが軽くて見た目もシックないい感じです。
木製では、このロッドスタンドがいい感じです。13本掛けとなっていますがリールを付けたままですと立てる本数が少なくなります。
ロッドの保管が悪いと最悪、穂先が折れたりする事もあり得ますので十分気をつけ管理したいものですね。
最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

中島 英樹

名前:中島 英樹 国内トップレベルの閲覧数を誇る“THEエギング烏賊追い人のブログ”を運営するエギングブロガー。佐賀県在住で長崎県の平戸をホームに一年中アオリイカをメインに追っている。座右の銘は「狭き門より入れ」家庭では妻・一男二女の父。夢は子や孫と国境で待ち合わせる旅をすること。1967年3月生まれでビールと烏賊が大好物。