オートキングギャフが固着した時の対処方法と手入れ方法

スポンサーリンク

エギンガーに大きな信頼を得ている第一精工のAUTO KING GAFF ( オートキングギャフ ) がもし固着してしまい収納出来ない場合はどのように対処すれば良いのでしょうか。
第一精工のホームページQ&Aスレッドにその回答がありましたので紹介します。
ギャフの固着は以下の手順で収納していただければと思います。
 
 
 
1.  尻栓を取り外す。
 
 
 
 
2.  地面など硬いところにギャフの底をつける。
 
 
 
 
3.  左手でセーフティカバーより下の部分を持ち支える。(決してセーフティカバーは持たないでください。)
 
 
 
 
 
4.  右手で固着した節を地面方向に叩きつけるように投げつける。投げつけた手は節から即座に放してください。
 
 
 
 
 
5.  固着した節が下りてきます。
 
動画(6秒)を参考にして下さい。
なお、CRCなどの潤滑剤の使用は次回以降のより強力な固着の原因となりますので、できる限り避けください。
 
 
 
潤滑剤が効きすぎてより固着する方向へシャフトが滑っていく可能性があります。
では、固着しないように使用後はどのような手入れをすれば良いのでしょうか。
ギャフのメンテナンスとしては、すべてのシャフトの外部を真水かぬるま湯で洗い、内部にも水をよく通してください。
その後、水分をできる限り拭き取った上で風通しの良い場所で陰干ししてください。
 
 
水分が残ったまま、あるいは汚れたままで密閉状態にすると、腐食が発生したり、塗装面に水ぶくれ状のブツブツが発生します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
以前書いた記事も人気記事で良く読んでもらっています。
 

第一精工さんは大阪に会社がありますが、以前聞きたい事があったので電話したところ対応頂いた女性の方がコテコテの関西弁で気持ち良く対応下さいました。
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

中島 英樹

名前:中島 英樹 国内トップレベルの閲覧数を誇る“THEエギング烏賊追い人のブログ”を運営するエギングブロガー。佐賀県在住で長崎県の平戸をホームに一年中アオリイカをメインに追っている。座右の銘は「狭き門より入れ」家庭では妻・一男二女の父。夢は子や孫と国境で待ち合わせる旅をすること。1967年3月生まれでビールと烏賊が大好物。