平戸へシイラを狙いに出撃! その結末はいかに⁉︎

スポンサーリンク

釣友、荒野氏からのお誘いを受け平戸のメジャーポイントへシイラ狙いに行ってきました。
9月27日深い霧で視界10mの平戸へ早朝5時過ぎに到着。 
前夜から平戸入りしベストポジションを確保してくれた荒野氏と合流します。
霧に包まれた平戸大橋も素敵です。
陽が昇り出すと平日ですが次々にシイラハンターの常連さん達を中心に波止が埋まっていきました。
濃霧だったので天気は暑すぎるほどの晴天です。エギングには好条件の微風もシイラ狙いには悪条件💦💦。
お隣の常連さんの話では昨日3本上がったとの事でした。
結局、午後3時まで練りましたがこの波止では誰一人シイラを釣り上げる事なく撤収されました。途中2回ほど僅かな群れが波止の根元近くまできたようですが気分屋のシイラさんは見向きもしなかった様です。
沈黙の合間に餌木を投げるも釣れるのはロリイカのみ。帰ってからの晩酌用に1杯だけ沖漬けにキープさせて頂きました。
今回は残念ながら気分屋シイラさんとの出逢いはありませんでしたが、ノンビリと潮風を浴びながらの釣りは楽しかったです。
メーターオーバーシイラのダイナミックな引きを私に味わせようと仮眠1時間でお疲れながら気を遣ってくれた身体はゴツいが心は優しい荒野さんに感謝 ‼︎
また、今シーズン、シイラさんに挑みます。
最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

中島 英樹

名前:中島 英樹 国内トップレベルの閲覧数を誇る“THEエギング烏賊追い人のブログ”を運営するエギングブロガー。佐賀県在住で長崎県の平戸をホームに一年中アオリイカをメインに追っている。座右の銘は「狭き門より入れ」家庭では妻・一男二女の父。夢は子や孫と国境で待ち合わせる旅をすること。1967年3月生まれでビールと烏賊が大好物。