強力な台風通過とアオリイカの生態について考える

スポンサーリンク

ツイッターで宇宙飛行士からツイートされていました。
「ISSに長期滞在している大西宇宙飛行士から、台風18号(チャバ)の写真が届きました。」





宇宙から観た九州を通過中の強力台風18号(チャバ)
凄い渦と台風の目ですね。
エギングでアオリイカを狙う場合、台風通過で、この強力台風はアオリイカにどの様な影響を与えるのかそういう視点で想像を交え考えてみました。 
台風でショアから近い海中は底荒れしてアオリイカが嫌がる濁りが出るので濁りがない沖などの水深が深い場所に避難する。
また、波穏やかな内湾エリアなどに一時避難している。
台風による大雨で海が水潮となり水潮を嫌うアオリイカは水潮の影響を受けにくい塩分濃度の安定した沖などの深場に落ちる。
また、大雨の影響で水温が低くなるので、アオリイカは水温が安定している深場やエリアに移動する。
従って「濁り・水潮・水温」の影響を受けにくい潮通しの良い場所や水深があるポイントを選択すれば釣れる確率は高まると言えます。
また、台風通過後など海がシケた後は台風通過中に捕食活動が出来なかったアオリイカの食いが立ち活性が上がるでしょう。
実際、今までの経験でも時化た後は割合食いが良かったと感じています。
以上思いつくまま書いてみました。
参加予定していたエギング大会がこの台風で中止になりました。楽しみにしていましたが安全第一ですので春の開催を楽しみに待ちたいと思います。
大きな台風被害が無い事をただただ祈のるばかり。
最後まで読んで頂き
ありがとうございます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

中島 英樹

名前:中島 英樹 国内トップレベルの閲覧数を誇る“THEエギング烏賊追い人のブログ”を運営するエギングブロガー。佐賀県在住で長崎県の平戸をホームに一年中アオリイカをメインに追っている。座右の銘は「狭き門より入れ」家庭では妻・一男二女の父。夢は子や孫と国境で待ち合わせる旅をすること。1967年3月生まれでビールと烏賊が大好物。