なぜ、エギング用スナップには黒色と銀色があるのだろう?

スポンサーリンク

なぜ、エギング用スナップには黒色と銀色があるのでしょうか…



色々な釣りを経験されてこられた方はピンとくる方も多いはず。




スポンサーリンク

愛用しているダイワのエギング専用スナップEG−Snap (イージースナップ) は、銀色 (シルバー)と黒色 (ブラック)があります。
通常はシルバーを使うことが多いのですが、今回は、久々にブラックを購入してみました。
なぜ、普通に釣れるシルバー色だけでも良さそうですが、ブラック色が商品として存在するのでしょうか?この疑問をメーカーのダイワさんに問い合わせてみました。
ダイワさんの回答は
「シルバーとブラックの選択について一言で言えば使用される方の好みとなります。人によっては光に反射するシルバーがイカに違和感を感じさせることがあり釣果にも影響するという考えでブラックを好む方がいらっしゃる為です。」
ということでした。
逆の考え方をすれば、ブラックよりもシルバーは小魚(ベイト)が水中を泳いでいるときに、身をよじった際の光の反射でキラリと光るフラッシング効果でイカに対してアピール効果があるとも言えます。
シルバーで反応が無い場合はブラックに変えたりして反応をみてみるのも良いかもしれません。
ただ、私個人的には、そこまでこだわりませんが…
また、ブラックの塗装が剥げるタイミングで破棄して新しいスナップに付け替える目安にするという方もいらっしゃいます。
最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

中島 英樹

名前:中島 英樹 国内トップレベルの閲覧数を誇る“THEエギング烏賊追い人のブログ”を運営するエギングブロガー。佐賀県在住で長崎県の平戸をホームに一年中アオリイカをメインに追っている。座右の銘は「狭き門より入れ」家庭では妻・一男二女の父。夢は子や孫と国境で待ち合わせる旅をすること。1967年3月生まれでビールと烏賊が大好物。