2017 シマノ セフィアエギングパーティーIN平戸大会を徹底リポート!

スポンサーリンク

戦いは夜明けに始まった

2017シマノ セフィアエギングパーティー平戸大会は10月14日夜明けから参加者各々のポイントでスタート。シマノのこの大会は今年で3年目となりますが、1回目の2015年から従来の一般的な早朝に大会本部で受付をしてスタートというスタイルを釣り場からのスタートと革新的に変えました。

これにより、参加者は釣果のキーとなる時間帯の朝まずめをフルにポイントで狙えるようになりました。シマノさんが、この英断をされるには社内でも賛否両論あったかと思いますが、参加者目線での英断にはシマノさんの本質を追求する革新的な姿勢が表れていると感じています。

今後はスマートフォンの進化と共に益々このような改善が進むことを期待すると共に参加者の立場からも提案できればと考えます。

話は戻りますが、私たち荒野・中島ペアも2015年 シマノ セフィアエギングパーティーで3位入賞した時よりも上の表彰台に上れるよう夜中に平戸の地磯へ入り夜明けまで地磯で爆睡して体力温存し時が来るのを待ちました。(磯に寝て見る星はとても綺麗でした)

当日10月14日のコンディション

当日の潮回りは長潮、天気は曇りで午後から小雨。一番気になる風は平戸で北北東6メートル前後、波は2メートル。風は爆風ですが時折風が止む時があったのは唯一の救いでした。潮は小さく期待できないので場所は動かず回遊の狙い撃ちの作戦で挑みます。

写真も撮り忘れるほど集中する

普段はブログ用に釣行中写真を少なくともワンショット撮るのですが、写真を撮り忘れるほど集中していました。荒野さんと二人近くで立っていましたが、珍しくあまり会話もありませんでした。それだけ集中していたのでしょう。

500gぐらいのアオリイカを3メートル前でバラす

途中、渋いながらも潮がほんの少し動いたタイミングでヒット!慎重に寄せたつもりでしたが、目の前3メートルの所で獲物がジェット噴射したタイミングで針がかりが甘かったのか痛恨のバラし。思わず「あーぁ〜」と声をあげてしまいました。普段は念を押すために追い合わせを入れるのですが、今思えば焦っていたのかもしれません。

結果的に荒野さんと私はキーパーサイズを出せぬまま対峙した海に一礼して悔しさを胸に大会会場へと戻りました。

表彰式

ゲストによるトークショー

THEエギング烏賊追い人のブログ

せりかオネーさんと笛木さんのトークショー

表彰式前の集計時間にゲストのシマノ インストラクター 笛木展雄さんとエギパラの せりかお姉さんでおなじみ彼方茜香さんがトークショーで楽しませてくれました。

笛木さんの話の中で印象に残ったのは次の2点

① 居着きイカと言う言い方がよくされますが、イカは全て回遊しており、短時間一時的に止まっている個体がいるだけ。

② アオリイカは回遊しているので同じポイントでも昨日と今日の回遊イカは違う群れである。

入賞おめでとうございます!

THEエギング烏賊追い人のブログ

入賞者の皆様おめでとうございます。

優勝 宮田・山本ペア 2杯の総重量 1,384g

スポンサーリンク

2位 石山・野中ペア 2杯の総重量 1,204g

3位 荒巻・背井ペア 2杯の総重量 1,145g


入賞者インタビューは音声を公開しますので是非聞いてください。釣ったポイント・状況・エギについて詳しく各ペアの方々が笛木さんとセリカお姉さんと時には面白くお話しされています。とてもためになる貴重な内容です。(ボリューム高めかイヤホンでお聞きになるのがオススメです)

(インタビューの順番は3位→2位→優勝)

 


豪華景品をゲットされた幸運な方々

フォトギャラリー

この写真は良ければ、当事者様に限りご自由に保存しご利用ください。もしオリジナル画質が欲しい方がいらっしゃればsamurai9667アットマークgmail.com(アットマークは@に変換の上)中島まで、ご連絡ください。

大会後のダベリングも楽しい

THEエギング烏賊追い人のブログ

中島さんのような人がタイプですと言ったとか言わなかったとか(謎)

今年もエギパラ ステッカーを せりかお姉さんに頂きました。

参加賞

THEエギング烏賊追い人のブログ

豪華な参加賞

最後に

素晴らしい大会を今年も企画・運営頂きましたシマノのスタッフの皆様、大変お世話になりました。心より感謝申し上げます。また、参加された皆様大変お疲れ様でした。また来年お逢い出来る日を楽しみにしております。

入賞されたシャケさんのテクニックを見たい方にはこちらの動画がオススメです。入賞する理由がわかります。(15分57秒からシャケさん登場)

シマノの気になるエギ

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

中島 英樹

名前:中島 英樹 国内トップレベルの閲覧数を誇る“THEエギング烏賊追い人のブログ”を運営するエギングブロガー。佐賀県在住で長崎県の平戸をホームに一年中アオリイカをメインに追っている。座右の銘は「狭き門より入れ」家庭では妻・一男二女の父。夢は子や孫と国境で待ち合わせる旅をすること。1967年3月生まれでビールと烏賊が大好物。