エギングで春のデカアオリイカを攻略して釣る大切なポイントについて

スポンサーリンク

  • 春は大物アオリが釣れる

 

THEエギング烏賊追い人のブログ

春は大物アオリイカを釣る絶好のチャンス!

 

エギングで春の季節はキロオーバーはもちろんのこと2キロ〜3キロ近いアオリイカの大物が釣れる一年の内で最も激アツの季節といえます。秋の数釣りエギングも楽しいですが1キロ後半〜2キロ代アオリイカとのファイトは格別で自己記録更新のチャンスです。

 

大型アオリを狙う仕掛け

 

ロッドの硬さ

ロッドの硬さ(扱える重さ)を示す表記で大まかに柔らかい順番で並べると

L (ライト)<ML(ミディアムライト)<M(ミディアム)<MH(ミディアムハード)<H(ハード)となります。(メーカーやグレードによって同じMでも硬さは異なります。)

 

THEエギング烏賊追い人のブログ

カリスタ500g静荷重比較:ヤマガブランクスHPより引用 拡大可

 

 

春の2キロ後半〜の大物アオリイカに対応するにはM(ミディアム)以上が無難かもしれません。ちなみに私は3キロのアオリイカを釣り上げた時はシマノのセフィア ML(ミディアムライト)でした。ロッドはつの字に大きく曲がりましたが難なく無事捕獲できました。

柔ければ柔らかいほどデカアオリイカとのファイトはエキサイティングですね。

 

PEラインとリーダーの号数

 

私の場合、春の大物狙いはPEライン0.8号をメインに使いますが、人によっては0.6号の細いものや1号の太い号数を使われています。

ショックリーダーの号数は私の場合2号〜3号を釣る場所の状況に応じて使い分けています。春は藻場を中心に攻めますので大きい号数のほうがワカメなどしつこい海藻にエギやリーダーが根掛かった場合、回収率が高まるのも理由の一つです。

 

 

エギの選択

 

春はシャローエリア(浅場)を攻めたり、藻場の上や近くをトレースする事が多いので限られた水深を沈下速度の遅いタイプでアオリイカに抱きの間をより長く魅せることができる餌木(エギ)を選択することが大切なポイントとなります。

 

THEエギング烏賊追い人のブログ

DUELパタパタQスロー3.5号は5.5秒/mの沈下速度 DUEL HPより写真引用

 

 

THEエギング烏賊追い人のブログ

ヤマシタ エギ王K3.5号 シャロー5.5〜6.0秒/m 、スーパーシャロー(8.0〜10秒/m)の沈下速度 ヤマシタHPより写真引用

 

 

また、産卵を意識した春の大型アオリイカは多くのエネルギーを必要とし、少ない捕食回数で効率良く多くのエネルギーを摂取する為に大きなベイトを好んで捕食するそうです。

そのような理由から、この時期には3.5号エギより更に大きい4号エギが効果的だと言われています。

 

THEエギング烏賊追い人のブログ

4号エギと3.5号エギの比較写真

 

 

 

一番大事なポイント選択

 

釣り全般に言われることですが、エギングも良い釣果を出す為には釣るポイント(場所)の選択が一番大事な胆となります。

春イカポイントと呼ばれますが、産卵床となる藻が生い茂る藻場になっていたり、潮に乗って回遊してくるポイント。潮がゆっくり適度に流れ、アオリイカの餌となるベイト(小魚)が沢山いることも大事な条件。

スポンサーリンク

 

 

THEエギング烏賊追い人のブログ

春イカは主に藻場を狙う

 

タイミング

 

 

ポイントとタイミングと言われるほどタイミングは重要。運も大きく関係しています。私が3キロを釣ったタイミングは先行者がアタリすらなく諦めて去った直後でした。足繁く通いそのポイントの地合いのタイミング(例えば満潮からの下げ始めなど)をあるていど把握することが出来れば理想といえます。

 

 

 

海水温も大事

 

アオリイカは一年を通し、海水温にとても敏感です。冬などの寒い季節には水温が低すぎる所では生きていくことができない為、水温が高く安定した場所に移動しています。

春のアオリイカは水温が17℃ぐらいになると産卵を意識して接岸しはじめるそうですが、少しでも水温が下がると水温がより安定した沖の深場に落ちるそうですので、春の季節は水温が安定するまでは、釣果の落差が大きく難しい所ですね。

 

以前書いた記事 エギングで大切な海水温をネットで簡単に調べる方法。

 

 

 

春イカの実績ポイント

 

大型のアオリイカが過去釣れている実績ポイントを写真付きで丁寧に解説しているおすすめのガイド本。波止ガイド長崎北部版を所有していますが大変重宝しています。

エギングの強い味方!波止釣りポイントまるわかりの波止ガイド本

 

 

デカアオリを釣るテクニック

 

アオリイカは活性が高くスイッチが入っているときは少々離れていても真っ黒い色に変化してエギを追いかけてきますが、活性が低いアオリイカはほんのそばで誘いをかけても完全無視。とても気分屋で警戒心が他のイカより強く難しいものです。

 

春の大型アオリイカは基本、大きくエギを動かすよりも小さく動かした方が良いとか狙う層もボトム(底)から中層を狙うのがセオリーといいますが、ディゲームやナイトゲームその他ポイントや諸々の条件によって変わる部分もあると思いますので固定観念を持たず、色々と探り試すことは大事だと感じます。

 

長崎の実力派エギンガーの海好きさんの動画を見ていると色々な引き出しを持たれて状況に応じた柔軟な誘いをされているので大変参考になります。

 

 

 

 

 

3キロを釣った時のこと

 

私が自己記録の3キロを釣った時は藻場の上をトレースした時に「モゾッ」とした感触があったものの最初は根掛かりかと感じたほど全く動かずドラグ音とともに突然すごい勢いで走り始めました。2キロ後半〜3キロオーバーを釣り上げた多くの人が同じ体験をされています。

夢の2014年 平戸 モンスターアオリイカ捕獲記

 

最後に

 

エギングは楽しむことがとても大切。良い釣果は楽しむ為の必要条件ですが、サイズなど釣果ばかりを競そい追い求めるとエギング自体を楽しめなくなることもありますので、本末転倒にならないようにせねばと自戒する今日この頃です。

 

THEエギング烏賊追い人のブログ

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

中島 英樹

名前:中島 英樹 国内トップレベルの閲覧数を誇る“THEエギング烏賊追い人のブログ”を運営するエギングブロガー。佐賀県在住で長崎県の平戸をホームに一年中アオリイカをメインに追っている。座右の銘は「狭き門より入れ」家庭では妻・一男二女の父。夢は子や孫と国境で待ち合わせる旅をすること。1967年3月生まれでビールと烏賊が大好物。