エギングでハイギアリールを使って感じたメリット・デメリットについて

スポンサーリンク

リールのハイギア(ハイギヤ)とは

THEエギング烏賊追い人のブログ

ハイギア仕様のリール

巻き取り長さの違い

エギングでリールを選ぶ際にハイギア仕様とノーマルギア仕様があり私も最初そうでしたが馴染みのない方は迷われるのではと思います。

ハイギアはハイスピードギアを略した言葉で、ダイワですと H シマノではHGと型番に表記されていますので簡単に見分けることができます。

ハイギアとノーマルギアの大きな違いはスピニングリールのハンドルを1回転した際にラインを巻き取る長さの違いとなります。

例えばダイワの17セルテート(CERTATE)2506番で比較した場合、ノーマルギアはハンドルを1回転した場合ラインの巻き取り長さ72cmに対しハイギアは90cm(その差18cm)

ギア比

カタログの仕様にでてくるギア比とはハンドルとローターの回転数の比率のことでハンドル一回転でライン巻き取りローターが何回転するのかを表しています。例えばギア比 4.8:1 のスピニングリールの場合、ハンドル一回転で巻取ローターが4.8回転となります。

巻き始めが重いハイギア

子供のころ乗った変速ギア付きの自転車を思い出すと分かりやすいですが高速で自転車を走らせるときにハイギアへチェンジすると速く走ることができる代わりにペダルが重くなりますがリールのハイギアも同じことでハンドルの巻き始めが重くなるわけです。

スポンサーリンク

エギングでのハイギアのメリット

私がエギングでハイギア仕様のリールを使って感じたメリットは次の通り。

  • 爆風時キャスト後の糸ふけを素早く取りやすい。
  • スルメイカやヤリイカなどの筒イカ系の群れに当たった場合、回収が早く手返しが良い。

エギングでのハイギアのデメリット

逆にハイギア仕様のリールを使って私が感じたデメリットは次の通り。

  • エギをスローに動かす場合などしゃくった後に巻くとハイギアの場合エギが動きすぎてしまう。(慣れの問題もあると思いますがスローな釣りは難しい)

 

まとめ

THEエギング烏賊追い人のブログ

エギングでのハイギアリール

 

私の場合、エギングでハイギア仕様のリールを使いこなせていないのかも知れませんが、私のエギングスタイルではノーマルギアが使いやすいと感じています。

ハイギアのメリットであげた糸ふけを取りやすいことや手返しの良さもノーマルギアで問題なくカバーできる範囲なので、初めてエギング用にリールを購入される方にはノーマルギアのリールをおすすめします。

ハイギアをエギングで使われたことのある方で他にもこんなメリット・デメリットがあるよというのがあれば教えて下さい。記事に追加させて共有できればと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

中島 英樹

名前:中島 英樹 国内トップレベルの閲覧数を誇る“THEエギング烏賊追い人のブログ”を運営するエギングブロガー。佐賀県在住で長崎県の平戸をホームに一年中アオリイカをメインに追っている。座右の銘は「狭き門より入れ」家庭では妻・一男二女の父。夢は子や孫と国境で待ち合わせる旅をすること。1967年3月生まれでビールと烏賊が大好物。