平戸 ホテル蘭風の日帰り温泉を安く楽しむ方法を案内します!

スポンサーリンク

長崎県平戸の歴史ある名門ホテル「ホテル蘭風」が2017年6月9日新たな経営会社湯快リゾートによってリニューアルオープン。ワンコインで利用できる西九州最大級の露天風呂やオーシャンビューの展望風呂など平戸を訪れる釣り人のオアシスになることと思います。

そんなホテル蘭風へ一足先に行き楽しんできましたので徹底リポート。

THEエギング烏賊追い人のブログ

平戸千里ヶ浜温泉 ホテル蘭風

高級リゾートホテル ホテル蘭風(らんぷう)

歴史ある名門ホテル

 

THEエギング烏賊追い人のブログ

蘭風入り口

約200台が駐車できる無料駐車場に車をとめホテル入り口に向かうとさすが、歴史ある名門ホテル風格あるエントランス。

THEエギング烏賊追い人のブログ

フロントで日帰り温泉入浴料の500円を支払います。

日帰り温泉利用料

(タオル持参の場合大人500円、3歳〜小学生450円、3歳未満無料)

(タオル付きプランの場大人720円、3歳〜小学生670円、3歳未満無料)

入浴時間

24時間(清掃・未開放時間を除く)

※以下時間帯は清掃のため入浴できません。

[ 通常 ] 11:00~15:00・25:00~26:00
[ サウナ ] 11:00~15:00・25:00~明朝6:00

くつろげる充実の館内施設

ハンモックに揺られ爆睡

THEエギング烏賊追い人のブログ

ハンモック

THEエギング烏賊追い人のブログ

釣りの疲れで爆睡w

他にもキッズボルダリング、カラオケ、キッズスペース、ゲームセンター、卓球場、マンガコーナーなど充実

スポンサーリンク

THEエギング烏賊追い人のブログ

子供も飽きない(拡大可)

疲れを癒してくれる贅沢な温泉

 

THEエギング烏賊追い人のブログ

西日本最大級の露天風呂

THEエギング烏賊追い人のブログ

内湯も充実

THEエギング烏賊追い人のブログ

サウナは定員5名で水風呂もあり。

絶景のオーシャンビュー展望露天風呂が最高!

THEエギング烏賊追い人のブログ

木々に囲まれ平戸の海が目の前に広がるオーシャンビュー

潮風に吹かれ贅沢なオーシャンビューで温泉に浸かる。温まったらウッドデッキの椅子にもたれかかりくつろぐ時間は何とも贅沢至福の時間。

ホテルバイキングを楽しめる「日帰り入浴プラン(夕食付)」

夕食のバイキング料理と温泉がセットで楽しめる日帰り入浴プラン(夕食付き)もありますので家族やグループで利用するのも良いですね。大人2,750円(税別)、3歳〜小学生2,250円(税別)3歳未満は無料。

 

テラスでくつろぐのも良し

THEエギング烏賊追い人のブログ

晴れた日はテラスが気持ちよい

THEエギング烏賊追い人のブログ

テラスでは無料の足湯も利用できる

THEエギング烏賊追い人のブログ

ビール・ジュースなど自販機もありますが価格も安い

THEエギング烏賊追い人のブログ

財布に優しい売店で140円のアイスが風呂上がりには最高!

よくホテルや旅館ではジュースなど自販機の価格が相場より高いのが普通ですが蘭風ではむしろ相場より安く感じました。

釣りの疲れを癒すオアシス

冬は凍えた体を温め夏は汗を流す。雨に打たれた時もさっぱりと。また釣り友達と温泉に入り親交を深める。家族が温泉を楽しんでいる間にエギングを楽しむなど想像するぶん色々なシーンで利用できそうです。

今回も朝マズメからエギングを楽しみ昼過ぎに蘭風へ入りゆっくりとくつろいで疲れを癒すことができました。睡眠不足でしたが蘭風で温泉に癒されて帰り道も睡魔に襲われることなく安全に帰ることができたのは温泉の効果。

実際、利用してみて予想以上に素晴らしいリニューアルされたホテル蘭風に驚きました。

特に日曜などは混むことが予想されますので館内施設などは宿泊者優先のマナーを心がけることも大事だと感じました。

朝まずめを撃って温泉に入り休養し集中力アップで夕まずめに挑む。そんなスタイルが今後は増えそうです。


最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

中島 英樹

名前:中島 英樹 国内トップレベルの閲覧数を誇る“THEエギング烏賊追い人のブログ”を運営するエギングブロガー。佐賀県在住で長崎県の平戸をホームに一年中アオリイカをメインに追っている。座右の銘は「狭き門より入れ」家庭では妻・一男二女の父。夢は子や孫と国境で待ち合わせる旅をすること。1967年3月生まれでビールと烏賊が大好物。