邪道エギング(エサ巻きエギング)のタックル・釣り方のポイントを徹底解説!

スポンサーリンク

邪道エギング(エサ巻きエギング)とは

 

THEエギング烏賊追い人のブログ

背中に餌(エサ)を乗せて誘うエギング

数年前から火がついた人気の邪道エギング

キーストン(KEYSTONE)の早福(はいふく)型 餌巻きエギの邪道エギングが、ここ数年大人気です。当ブログでもいくつかの記事をピンポイントで書いてきましたが、この記事をまとめ記事として以前書いた記事を織り交ぜながら私の主観で書いてみます。

※「早福型」「邪道エギ」は、株式会社キーストンの登録商標。

 

狙えるターゲットはアオリイカ、スルメイカ、ケンサキイカ、ヤリイカなど

誤解されている方が意外と多いのですが、スルメイカやケンサキイカ、ヤリイカの筒系はもちろんのことアオリイカもガッツリと抱いてきます。それはそうでしょうエギでも十分なのに背中のリアルな餌がアピールしますから。

THEエギング烏賊追い人のブログ

邪道エギはアオリイカもガッツリ抱いてくる。

 

餌巻き 邪道エギング炸裂!イカした闇夜大潮衝撃リポート!

2016.02.08

 

キーストン プロスタッフによる実釣動画

 

 

邪道エギ(餌巻きエギ)

THEエギング烏賊追い人のブログ

この背中に餌を乗せて付属のステンレスワイヤーで縛り固定する。

3.5号サイズエギのフラットな背中に餌をワイヤーで縛り固定します。

 

ボディは発砲ウレタン製で、とても丈夫です。

キーストンエギの大きな特徴はボディが発砲ウレタン製であるということ。使われた方はよくお分かりと思いますが、イカにかじられても比較的丈夫です。発砲ウレタンはイカが餌の匂いに誘われエギを抱いた時にイカは歯をボディへ即座に若干かじり入れこみますが、入れこむことによってイカがエギを瞬間的に離しにくい利点があるそうです。

 

餌は塩締めしたキビナゴがオススメ

背中に乗せる餌はキビナゴがおすすめ。他にも鶏のささみやイカの切り身でも喰ってきますが、経験上キビナゴが一番喰いが良いように感じます。ただ常識にとらわれずに色々な餌を乗せてみるのも楽しみ方としては面白いですね。

餌巻き用キビナゴの準備について

 

THEエギング烏賊追い人のブログ

 

以前書いた記事ですが良く読まれる人気記事です。良ければ、ご覧下さい

邪道エギ 徹底解説!(エサ巻きエギ)に使うサルでもわかるキビナゴの塩締め方法など(写真解説)

2016.02.07

 

餌の巻き方について

餌の巻き方についてはキーストンのプロスタッフさんが説明されている動画を紹介します。

 

巻き終えて若干余ったワイヤーの端は頭方向に向けるとシャクリなどの際にリーダーを誤って切れたりすることが少なくなるのでおすすめです。

また餌の乗せすぎはフォールのバランスが崩れるのでご注意ください。

 

邪道エギングのタックルについて

邪道エギングのタックルは特別なものではありません。通常のエギング用のタックルでOKです。スナップのエギを邪道エギに付け替えるだけで手軽に楽しめます。

キーストンのプロスタッフさんが詳しく説明されていますので、こちらも良ければご覧ください。

 

 

フォールスピードの違う4タイプがある。

タックル説明動画にも出てきましたが、状況によって使い分けできる邪道エギのフォールスピード(沈下速度)が違う4タイプがあります。

スポンサーリンク


V0(Very Slow 重量:15g)   9〜15秒/1m  流れの緩やかな場所や比較的浅い場所、表層を狙う際にオススメ。

V1(Standard 重量:16g) 3〜4秒/m  スタンダードタイプ(ノーマルエギと同等)

V2(Very Fast 重量:19g) 1〜2秒/m  流れの速い場所や水深の深い場所でオススメ。

V3  (VeryVery Fast 重量:27g) 0.5〜0.8秒/m  激流エリアで有効。


 

邪道エギのシャクリ方は普通のエギングと基本変わらず

邪道エギだからといって特別シャクリ方を私は変えていません。ただ、餌を乗せているので、強すぎるシャクリは餌が外れやすくなるということはあるでしょう。

 

気温の低い時期が邪道エギのハイシーズン

邪道エギは背中にキビナゴなどの餌を乗せる邪道エギング。唯一私が弱点をあげるとすれば、暖かくなる季節は水温の上昇に伴いイカにアピールする前に餌をフグが狙い食われてしまいやすいという点です。

 

ナイトゲームに絶大な威力を発揮するグロー(蛍光)

私はナイトゲームで邪道エギを多用しますが、理由の一つに邪道エギのグロータイプの喰いがとても良いからです。それとショアから狙うスルメイカなどのツツイカ系は夜に回遊してくる為です。(アオリイカは日中でも問題なく抱いてきます。)

THEエギング烏賊追い人のブログ

下は暗闇で発光するグロー

 

邪道エギは餌を乗せなければノーマルエギとしてキレキレダート!

邪道エギは餌を乗せなければ普通のノーマルエギとして使えます。しかも餌が乗らない分、キレキレのダートでフットワーク軽くイカを誘います。餌を準備していなくても忍ばせておいて是非、試してみてください。

邪道エギの購入方法

 

釣具店でも取り扱い店舗はありますが、キーストンダイレクトショップ楽天市場店がおすすめです。

 

邪道エギの一番お得な買い方は一年に一度の初売り福袋がおすすめです。

キーストンさんは一年に一度初売りの福袋で、とてもお得な人気の福袋を予約販売されますので、それを購入されるのが一番のおすすめです。

よく読まれている記事です。良ければご参考にどうぞご覧下さい。

 

2018年初売りで買ったエギング関連の福袋など全て公開!

2018.01.09

 

イカ追い人
餌を乗せるエギは邪道だ!なんて言わずに一度固定概念を除いて邪道エギングを試してみてはいかがでしょうか。最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

中島 英樹

名前:中島 英樹 国内トップレベルの閲覧数を誇る“THEエギング烏賊追い人のブログ”を運営するエギングブロガー。佐賀県在住で長崎県の平戸をホームに一年中アオリイカをメインに追っている。座右の銘は「狭き門より入れ」家庭では妻・一男二女の父。夢は子や孫と国境で待ち合わせる旅をすること。1967年3月生まれでビールと烏賊が大好物。