エギングのPEライン4本組と8本組のメリット・デメリットとは

スポンサーリンク

4本組と8本組み

エギングで使うPEラインには良く目にするものとして4本組と8本組があります。
4本組はX4、8本組はX8などと表記されています。
このPEラインの4本組と8本組の違いについて前々より疑問を持っていたので、フィッシングラインメーカーYGK ヨツアミの代理店さんにお尋ねしました。

X4(4本組み)とX8(8本組み)の違い

4本組は4本の原糸を編み込んで1本のラインを作るのに対し8本組は8本の原糸を編み込んで1本のラインを作ります。

X4(4本組み)とX8(8本組み)のメリット・デメリット

 
 

4本組のメリット

8本組と比べ価格が安い。
4本組は1本の原糸が太いぶん8本組に比べ若干、耐摩耗性に勝る。

4本組のデメリット

 
原糸が太い分、編み込んで出来た1本の糸に凹凸ができやすく、その凹凸がロッドのガイドとの接触でガイド鳴きが起こりやすい。
 
 
 
  

8本組のメリット

 
8本の原糸で編み込んだ糸は、なめらかで4本組と比べガイド鳴きしにくい。
 
 
同じ品質の原糸であれば4本組と比較して直線強度が約10%ほど高い。

8本組のデメリット

4本組と比べ価格が高い。
 
4本組と比べ8本組は耐摩耗性が若干劣る。
 
 
 
 
 
 

まとめ

 
 
飛距離に関しては、4本組も8本組も以外に、さほど変わらないそうです。
 
 
 
 
エギングで使う0.6号や0.8号は糸鳴きが気にならなければ4本組で十分という事。8本組のメリットが生きてくるのは4号〜ぐらいの大きい号数からとの事でした。
 
 
 
 
 
 
4本組と8本組の違いはエギンガーそれぞれの主観やメーカーの違いで感じ方が変わる部分もあろうかと思いますので、一つの参考程度に読んで貰えればと思います。
 
 
 
 
 

愛用のPEライン

 
現在、私が愛用のお気に入りのPEライン
 
 

新製品 X4タイプ

このX4タイプのG−soul upgrade PE X4
を巻きましたので、早速試して後日レビュー記事を書きたいと思います。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

中島 英樹

名前:中島 英樹 国内トップレベルの閲覧数を誇る“THEエギング烏賊追い人のブログ”を運営するエギングブロガー。佐賀県在住で長崎県の平戸をホームに一年中アオリイカをメインに追っている。座右の銘は「狭き門より入れ」家庭では妻・一男二女の父。夢は子や孫と国境で待ち合わせる旅をすること。1967年3月生まれでビールと烏賊が大好物。