夏エギングでアオリイカを攻略するための大事なポイントについて

スポンサーリンク

私のホームである長崎県の海は一年中アオリイカが陸っぱりからエギングで釣れる恵まれた環境です。夏のエギングは気温が高くなり過酷な状況になるため夏の期間のみエギングをやらない方も多いように感じますが夏のアオリイカは意外と活性が高くポイントとタイミングが合えばキロオーバーとのファイトも十分楽しめます。

みなさん ご存知のことと思いますが、エギングを始めたばかりの方などへ夏のエギングを楽しむために知っておきたいことを私の主観で思いつくままメモ的に書いてみます。

夏のアオリイカは活性が高い

ブログ

夏はアオリイカが釣れないイメージを持っている方も多いと思いますが、意外と活性が高く「夏が一番活性が高い」と口にされるベテランも多いもの。特に夏の朝マズメは1日の中でも一番活性が上がる印象があります。日中は熱中症の危険が高いので、ベイトが活発になり釣果も期待でき涼しく釣りやすい朝と夕方のマズメ時間帯がベターと言えるでしょう。

夏アオリイカが釣れやすいポイント

春夏秋冬それぞれの季節によってアオリイカが釣れるポイントは変わることも多く、夏は夏に釣れやすいポイントがあり。季節ごとに攻めるポイントは、夏イカポイントや春イカポイントと呼ばれパターン化する傾向があります。

夏は水温が上がり過ぎないように水深がある程度あり、潮通しが良くフレッシュな環境でイカが回遊してくるポイントを狙うようにしています。

キーワードは「激流」です。

例えば、夏のシーズンは離れ島や沖磯は好釣果につながりやすいと言えるでしょう。(場所によってはイカ釣り禁止期間が設けられていることがありますので十分ご注意ください)

情報源としては、最寄りの釣具店で買い物をして店員さんに尋ねると良い情報を得やすいのでおすすめです。

 

夏アオリイカのサイズ

さすがに一年で一番大型のピークを迎える春と比べればサイズは小さくなるものの、それでも長崎県では、キロアオリは珍しくなく2キロに迫るサイズが釣れることも稀にあるようです。

スポンサーリンク

夏のエギングで注意すること

熱中症対策

もう言うまでもなく皆さんご理解されている通り。麦茶だけですと塩分や糖分が不足するので、ポカリスエットやアクエリアスなどのスポーツ飲料をこまめに飲むようにしています。もちろん直射日光を避ける帽子は欠かせません。適度な休憩をとり無理をしないことが大切です。

また、クーラーボックス内に水で濡らしたタオルを入れておき時折、後頭部の首筋などに当てると気持ちよく効果的ですので夏場は必需品です。

THEエギング烏賊追い人のブログ

雷に注意

夏は夕立による突然の激しい雨と落雷がつきもの。釣り大会や屋外イベントが予定されていても雷注意報が発令された場合は中止や延期となったりします。

誤解されている方が多いのですが、エギング中に雷の音が遠くに聞こえているからといって安心してはいけません。音が聞こえている時点で落雷の領域に居るということですから即、竿を地面に伏せて車や建物に避難や撤収が必要です。
雷はカーボン製の竿に落ちやすいと言われていますが、素材そのものよりも細くて長い物に落ちやすいようです。雷が鳴っている時に傘をさしていると避雷針を手に持っているのと同じですから雷雨時の傘持ちはタブーです。
木の下も落雷の危険が高いので避けましょう。よく身に付けている貴金属を身体から外しなさいと言われてきましたが、それはどうも迷信のようですね。
THEエギング烏賊追い人のブログ

夏イカ狙いの参考になる おすすめ動画

エギング実釣動画では大人気 海好き さんの解説入り動画が参考になります。

まとめ

アングラーとして良い釣果は何よりも嬉しいものですが、殺人的な暑さとなるなかで無理は絶対禁物。釣れなくても夏しか味えない青い海と白い空の大自然の中で潮風に吹かれ楽しみたいものですね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

中島 英樹

名前:中島 英樹 国内トップレベルの閲覧数を誇る“THEエギング烏賊追い人のブログ”を運営するエギングブロガー。佐賀県在住で長崎県の平戸をホームに一年中アオリイカをメインに追っている。座右の銘は「狭き門より入れ」家庭では妻・一男二女の父。夢は子や孫と国境で待ち合わせる旅をすること。1967年3月生まれでビールと烏賊が大好物。