コスパ最高!釣り具のキャリーにもオススメのマグナカート徹底レビユー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

釣り具のキャリーカートは必需品

 

重いクーラボックスなど釣り具の移動に活躍するキャリーカート。

特に車を持ち込まない離れ島での釣りや距離がある長い波止場などでは大活躍します。

THEエギング烏賊追い人のブログ

離れ島で活躍キャリーカート

 

 

日常でも活躍するキャリーカート

 

キャリーカートは日常生活でも道具の運搬に重宝。

仕事などでも車から現場へ荷物を運搬させる時は無くてはならない頼もしく便利な道具です。

 

MAGNA CART ( マグナカート)は高価な楽器を持ち運びに定番なんです!

 

6年ほど愛用しているのはMAGNA CART ( マグナカート) のキャリーカート。

このMAGNA CART ( マグナカート) は楽器を移動することが多い音楽の世界では定番。

コストコで購入しましたが、釣り具の他にも様々なキャリーとして重宝しています。

 

THEエギング烏賊追い人のブログ

マグナカート(MAGNACART)

 

細心の注意を払う楽器の運搬では定番で高い評価を得ているマグナカート(MAGNACART)。

 

使用感

タイヤもしっかりしており使わない時は写真のように格納できコンパクト。

THEエギング烏賊追い人のブログ

タイヤは簡単格納

 

車に積み込む際はこのコンパクトさも大きな魅力。しかもアルミ製ですので軽量。

 

持ち手も伸縮タイプでコンパクト

 

持ち手は伸縮タイプですので状況に応じて伸ばしたり縮めたり使い分けができて移動も疲れにくいと感じます。

 

安価なキャリーカートは、サビやすかったりしますが、MAGNA CARTはアルミ製で安心です。

 

使用して唯一の気になる点

 

このMAGNA CARTを永く使用してきて唯一使い辛い点をあえて言えば、このMAGNA CARTは荷物を乗せる荷台の部分が傾けないと地面に着いてしまう作りのためストラップ(ゴムひも)のフックを引っ掛ける所が以外と無く悩むところだと感じています。

 

荷台の底面に引っ掛けると移動時に擦れたりしますので、荷物に応じた工夫と要領が必要となります。

8年使用していますが上記の気になる点以外、不満はありません。

私も以前、安物のキャリーカートを持っていましたが、すぐ錆びて安物買いの銭失いとなってしまった教訓がこのMAGNA CART(マグナカート)購入に生かされました。

 

MAGNA CART解説動画

 

このMAGNA CART解説動画は特徴がとても分かりやすい

 

MAGNA CARTを使用して、オススメできる逸品ですので紹介させて頂きました。

ご参考になれば幸いです。

通販はとても安くてオススメ!

 

 

 

 

 

 

イカ追い人
釣り以外の日常生活でも活躍のマグナカートおすすめです。最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

中島 英樹

名前:中島 英樹 国内トップレベルの閲覧数を誇る“THEエギング烏賊追い人のブログ”を運営するエギングブロガー。佐賀県在住で長崎県の平戸をホームに一年中アオリイカをメインに追っている。座右の銘は「狭き門より入れ」家庭では妻・一男二女の父。夢は子や孫と国境で待ち合わせる旅をすること。1967年3月生まれでビールと烏賊が大好物。